プール療育 24回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

プール療育 24回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

2016年8月、アメリカで行ったトレーニングが、現地スタッフの目に留まり、言われた言葉が、君のやっているトレーニングを6か月続けたら、目に見える変化が生まれるよというものでした。帰国後、日本でもトレーニングを行える施設を探し、この度スタートすることになった。PCJオリジナル、港区三田、新宿区四谷、世田谷区、杉並区


2017年5月7日(日)

18時30分から20時までの利用でした。

今回もほかのご利用者様がいないため、貸切状態でした。

できることは自分で

プールへ移動するのに、エレベーターを使用します。
ボタンを押して、エレベーターを押す、その後乗車し、下りるを自分で行います。

最初の頃は、上と下を押し間違えることもありましたが、今では問題ありません。

やっぱり冷たいシャワー

日曜日は、利用者が少ないためか、シャワーがなかなかあったまりません。

待っている間に、Shuさんから色々今後やってみたいことを聞きました。
今回時に思いを伝えてくれたのが、ご両親に頼らず、ヘルパーさんと外出できるようにしたい、K指導員やN指導員と一緒に外出したいとの話をしてくれました。

今週5月9日(火)から、学校終了後、電車移動を開始します。
梅ヶ丘→新宿→赤羽橋

乗降トレーニング

見るたびに力強く、安定した動きができるようになっている乗降ですが、できるようになってくると油断が入り、ちょっと強引な動きになってしまいます。その部分は、絶対に合ってはいけないので、必ず声掛けをします。自分一人で動くということは、100%成功する体の使い方をしなくてはいけません。

もし少しでも不安があればやり直す勇気が必要です。
立ち止まり、やり直すことは結構難しいことですが、自分の力でやり直せるのならば、その判断をしっかり根付かせていくことが大切です。今できても、実際できないのでは話になりません、そういう考えも体を動かすと同時に指導していっています。

横歩き

Shuさんから質問されました。この足の動きはどうすればいいですかね?
この足とは、残った足のことでした。行きたい方向の足は、腿をしっかりあげて踏み込む、一方残った足は、蹴り上げて軸足にくっつける動きが基本になります。

ここでの気づきとしては、足の開脚閉脚トレーニングでの動きと一緒ですかというものでした。
各トレーニングともに、目的をもって行っております、その点でやっていたトレーニングが、線となってつながった瞬間でした。

その後のトレーニングにおいて、体の軸をAポジションを維持しながら足を運ぶことを心がけました。

片手補助歩行

Aポジションを取りながら、歩いていきます。
今回特に注意した点は、補助している人に負荷をかけないようにすることです。

どうしても急ぎ過ぎると、前のめりなって、補助している人に力が加わってしまいます。

取り組んでいる時に、N指導員は、Shuに水をかけました。その結果、力が抜けてきれいに歩けるようになりました。
ここでの気づきは、頑張ろうとすると力が入ってしまう、それをどう抜くかを発見した瞬間でした。

歩行トレーニング

プールの幅は、10mあります。
端からスタートして、反対側の端まで歩きます。

ただ歩くのではなく、時間を設定し、その時間通りに歩けるようにします。
最初の設定時間は、25秒でした。

ちなみに前回は、K指導員のちょっとしたトレーニング後に、18秒という大幅な記録更新ができました。そのちょっとしたトレーニングとは、腿をあげてその足を後ろに蹴るというトレーニングでした。

後ろに蹴り上げる

詳細は、前回のブログをご覧ください。
http://www.lifestep.jp/articles/102

今回は、何度やっても18秒という記録でした。ただ、ここであきらめない、チャレンジする気持ちをださせ、もっともっとやってやろうというなる気持ちをサポートします。

まず行ったのが、歩く方向と、足の出し方を確認しました。
歩く方向は、油断するとまがって歩いてしまいます。その動きをなくすために、水面にある白線の上を歩くように指導しました。

足の出し方は、無理なく前に出せる範囲で行うように指導しました。なぜならば、時間を気にしてがむしゃらに前に前にとなっていて、歩くフォームが壊れる場面があったからです。

それらのトレーニングを行った結果、なんと18秒の壁を突破し、17秒で到達することができました。やりました!SHU!

その場で体位維持

自分の力で、その場で体位維持を行うトレーニングを行いました。

前回、100秒という記録を残しており、またAポジション取りに自信がでてきているため、記録更新を期待した上でのトライを行いました。

その結果、期待どおり大幅な記録更新となりました、なんと124秒です。
2分以上も自分の力で、体位を維持できるようになったんです。

最初は、2秒と持たなかったのが、今では2分です。やはり、継続は力になっていきます。

座位からの立ち上がり

このトレーニングは久しぶりになりました。

たぶん、3か月以上は行っておりませんでした。以前の記憶だと、左側をつかんでの立ち上がりはできたのですが、右側ができませんでした。

今回、そのトレーニングを行ってみました。その結果、あれほどできなかった右側からの立ち上がりがすんなり、それもとてもきれいなフォームで立ち上がれるようになっていました。
このためのトレーニングをしたわけではないのですが、やはり、全体的なトレーニングを行ってきた結果だと思いました。

今回は、左右交互に立ち上がるというチャレンジを、SHU自ら考案し、取り組みました。

その後、なんでできるようになったの?と問いかけをしたところ、かえってきた答えが、腹筋とふくらはぎをうまく使えるようになったということでした。そして、N指導員、ふくらはぎを触ってください。動作中触ってみたら、しっかり筋肉が固くなり、立ち上がりを補助していることがわかりました。

エンタメ療育

エンタメ療育とは、楽しんで続けられる環境が大事
我々バディ(仲間)として、一緒になって成長のお手伝いをさせて頂くプログラムになっております。

英語を使ったコミュニケーション
http://www.premier-cs.jp

演劇プログラム、体育プログラム(PPE)など

放課後等デイサービス&児童発達支援

1.港区三田:プレミア・ケア・ジュニア(PCJ)三田店
2.世田谷区弦巻、
3.世田谷区芦花公園、
4.新宿区四谷、
5.杉並区阿佐ヶ谷、
6.杉並区西荻窪、
7.杉並区代田橋

新たなステージへ

水中で、2本の棒を杖に見立てて、Aポジションを取りながら歩くトレーニングを開始しました。

ゴールを見据えたものになり、新たなチャレンジです。ゴールもちょっと見えてきています。

この記事のライター

関連する投稿


ジョブチャレンジ(就労体験)プログラム 2018年2月

ジョブチャレンジ(就労体験)プログラム 2018年2月

ジョブチャレンジとは、実際の職場にて、お仕事をして頂きます。 働く上で、必要なスキル(挨拶、パソコンスキルなど)を指導してまいります。 1.自分で職場に行く力を養う 2.挨拶をしっかり行う 3.必要なスキルを身につける 4.何ができるかを見つける 毎月1回からはじめるといいと思います。やればやるだけ力が付きます。


Sさんと行く皆の卒業旅行 2018年2月18日(日)予定

Sさんと行く皆の卒業旅行 2018年2月18日(日)予定

2017年8月に1週間、短期体験学習in USAを行いました。総勢11名で行ったときに参加してくれたしゅうさんは、この3月で高校卒業します。そこでロスアンジェルスに一緒に行ったメンバーで卒業旅行に行こうという計画を立てています。この旅行は、たくとさん、けんたさん、Nにとっても卒業となります。


プール療育 50回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

プール療育 50回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

2016年8月に渡米した時に行った、プールでのトレーニングを現地スタッフが見ていて、声をかけてくれたのがきっかけです。君たちのトレーニングを6か月続ければ歩けるようになる、その話を信じトレーニングを行っています。一年経った今では、10m、183歩、歩行時間5分以上まで歩けるようになっています。継続は力なりです。


ライフチャレンジ(LC) 2018年2月

ライフチャレンジ(LC) 2018年2月

エンタメ療育では、楽しんで続けていける環境を作り出すことを大切にしております。いくら親御さんがやらせたいといっても、お子さまが気持ちが乗らなければだめです。我々、スタッフはバディ(Buddy)仲間として、一緒になってお子様の成長をサポートさせて頂いております。ライフチャレンジとは、外出レクリエーションになっております。


靴ひも結び(児童)

靴ひも結び(児童)

プレミア・ケア・ジュニア(PCJ)は、楽しんで通所を続けていけるエンタメ療育を行っております。場所見知り、人見知りがあるお子様も、同じスタッフがレッスンしていくことで、徐々に変化が見られます。指導に正解はないと言われているのは、それぞれのお子様に個性があるからだと思います。その個性を見つけ、指導しています。


最新の投稿


  ライフチャレンジ(LC) 2018年3月

ライフチャレンジ(LC) 2018年3月

エンタメ療育では、楽しんで続けていける環境を作り出すことを大切にしております。いくら親御さんがやらせたいといっても、お子さまが気持ちが乗らなければだめです。我々、スタッフはバディ(Buddy)仲間として、一緒になってお子様の成長をサポートさせて頂いております。ライフチャレンジとは、外出レクリエーションになっております。


ジョブチャレンジ(就労体験)プログラム 2018年2月

ジョブチャレンジ(就労体験)プログラム 2018年2月

ジョブチャレンジとは、実際の職場にて、お仕事をして頂きます。 働く上で、必要なスキル(挨拶、パソコンスキルなど)を指導してまいります。 1.自分で職場に行く力を養う 2.挨拶をしっかり行う 3.必要なスキルを身につける 4.何ができるかを見つける 毎月1回からはじめるといいと思います。やればやるだけ力が付きます。


Sさんと行く皆の卒業旅行 2018年2月18日(日)予定

Sさんと行く皆の卒業旅行 2018年2月18日(日)予定

2017年8月に1週間、短期体験学習in USAを行いました。総勢11名で行ったときに参加してくれたしゅうさんは、この3月で高校卒業します。そこでロスアンジェルスに一緒に行ったメンバーで卒業旅行に行こうという計画を立てています。この旅行は、たくとさん、けんたさん、Nにとっても卒業となります。


プール療育 50回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

プール療育 50回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

2016年8月に渡米した時に行った、プールでのトレーニングを現地スタッフが見ていて、声をかけてくれたのがきっかけです。君たちのトレーニングを6か月続ければ歩けるようになる、その話を信じトレーニングを行っています。一年経った今では、10m、183歩、歩行時間5分以上まで歩けるようになっています。継続は力なりです。


ライフチャレンジ(LC) 2018年2月

ライフチャレンジ(LC) 2018年2月

エンタメ療育では、楽しんで続けていける環境を作り出すことを大切にしております。いくら親御さんがやらせたいといっても、お子さまが気持ちが乗らなければだめです。我々、スタッフはバディ(Buddy)仲間として、一緒になってお子様の成長をサポートさせて頂いております。ライフチャレンジとは、外出レクリエーションになっております。