8月 ジョブチャレンジ(就労体験)プログラム

8月 ジョブチャレンジ(就労体験)プログラム

ジョブチャレンジとは、実際の職場にて、お仕事をして頂きます。働く上で、必要なスキル(挨拶、パソコンスキルなど)を指導してまいります □自分で職場に行く力を養う □挨拶をしっかり行う □必要なスキルを身につける □何ができるかを見つける


ジョブチャレンジ(就労体験)のイメージ

第一弾 2015年4月から18か月

以前行っていた、プログラムの様子をご覧いただけます。
http://www.lifestep.jp/articles/51

デザイン完成
http://www.lifestep.jp/articles/58

2017年8月14日(月)Sさん

1.自宅から職場へ通勤
2.職場に到着後、上司より仕事をする前の説明を受ける
3.ID(社員証)をつけて、先輩社員とお仕事開始
4.終了報告を行う

お仕事内容

1.スタジオの鏡清掃

先輩社員に交じって、清掃しました。

鏡クリーナーを吹きかけて行いますが、その吹きかける量や場所によって、清掃の作業効率が違います。最初は、クリーナーを吹きかけすぎて、吹いても吹いてもなかなか泡がなくなりません。

2.コップ、お皿洗い

使用したコップやお皿を洗剤をつけて洗います。
どのようにして洗うと効率がいいか、考えながら洗います。

手慣れた手つきで、洗っていました。普段から家庭でお手伝いをしているそうです。

3.ヨガマットの清掃&除菌

ヨガマットは広げ、除菌を行います。アルコールを吹きつけて、その後布巾で丁寧にこすっていきます。

ごしごしといい音がスタジオ内響きわたります。

4.スタジオ内のモップかけ

スタジオの床は、弾力材が入っているため、掃除機よりも使用するのがモップとなっております。
まず、スタジオ内の椅子、机を端に寄せてから、スタートしました。

右に、左に丁寧にモップを走らせていきます。

笑顔で楽しそうでした。

5.掃除機

掃除機で廊下の清掃をしてもらいました。

6.トイレ掃除

普段ご自宅ではやらないかもしれませんが、あえて就労体験として取り組んでもらいました。
どの部分をどのように清掃すればいいか、先輩社員と一緒に取り組みました。

今回、ジョブチャレンジを行って頂いたのは、Sさん(高校1年生)、

挨拶
仕事態度
受け応えなど先輩社員から賞賛の声があがっておりました。

16時から17時の1時間、お仕事お疲れ様でした。

M指導員、O指導員の熱血指導見ごたえがありました、有難うございました。

2017年8月16日(水)Rさん

1.自宅から職場へ通勤
2.職場に到着後、上司より仕事をする前の説明を受ける
3.ID(社員証)をつけて、先輩社員とお仕事開始
4.終了報告を行う

お仕事内容

1.発表会の案内梱包

9月2日(土)プレミアケアフェスタのパンフレットと、個別の立ち位置マップの2枚をご利用者ファイルにいれる作業を行いました。

2枚あるうちのどちらのファイルを上にしたらいいかを考えながら行いました。

2.スタジオの鏡清掃

見ているのとやるのでは全然違うという第一声がありました。
先輩社員Mさんがさささっと行っていたのですが、実際自分がやってみたら、鏡をふけません。

そこに、いじわる上司Nさんは、思いっきり鏡に手を付けて、指紋をつけていました。何度もやったので、Rさんにダメです。やめてくださいと怒られました。

笑いながら仕事することで、その仕事への集中力も高まり、もっときれいにしたいという気持ちが芽生えてきていました。角度を変えた位置から鏡をみて、拭き残り、手垢を探していました。

鏡清掃

3.コップ、お皿洗い

先輩社員が洗い方のコツを教え、その後自分でチャレンジしました。

行いながら、ここも洗った方がいいですか?と確認しながら取り組むことができました。

お皿洗いを先輩社員Mがチェック

4.植木への水やり

普段は、レッスンしに来ているので、植木がどこにあるか気にしていないので、どこにあるかわからなかったが、しっかり見つけ、水やりを行いました。ちなみにPCJ三田にいくつ植木があるか知っていますか?
1.1個
2.2個
3.3個

正解は、3番の3個です。

5.ヨガマットの清掃&除菌

普段使っているヨガマットを広げ、清掃および除菌を行いました。
ペーパータオルで、ごしごしと拭きます。慣れてくると素敵な音色になってきます。

いい音色がでる拭き方ができてきました。

6.掃除機

なるべく力を使わないようにする持ち方を指導しました。体全体を使って掃除機を走らせると、楽に掃除機を扱えます。

隅まで掃除機をかける

今回、ジョブチャレンジを行って頂いたのはRさん(高校1年生)

普段の先生から、上司として接することで緊張感があったせいか、最初緊張気味でしたが、仕事が始まると、楽しそうに真剣に取り組むことができていました。
また、一つの仕事に夢中になり、もっともっとという探究心がでていました。

10時30分から11時30分の1時間、ちなみに外は雨がしとしと降る天候でしたが、無事時間通り通勤し、就労体験をしました。


まず、心得をオリジナルテキストで確認しながら、楽しく就労体験を行っていきます。

この記事のライター

関連する投稿


ジョブチャレンジ(就労体験)プログラム 2018年2月

ジョブチャレンジ(就労体験)プログラム 2018年2月

ジョブチャレンジとは、実際の職場にて、お仕事をして頂きます。 働く上で、必要なスキル(挨拶、パソコンスキルなど)を指導してまいります。 1.自分で職場に行く力を養う 2.挨拶をしっかり行う 3.必要なスキルを身につける 4.何ができるかを見つける 毎月1回からはじめるといいと思います。やればやるだけ力が付きます。


プール療育 50回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

プール療育 50回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

2016年8月に渡米した時に行った、プールでのトレーニングを現地スタッフが見ていて、声をかけてくれたのがきっかけです。君たちのトレーニングを6か月続ければ歩けるようになる、その話を信じトレーニングを行っています。一年経った今では、10m、183歩、歩行時間5分以上まで歩けるようになっています。継続は力なりです。


ライフチャレンジ(LC) 2018年2月

ライフチャレンジ(LC) 2018年2月

エンタメ療育では、楽しんで続けていける環境を作り出すことを大切にしております。いくら親御さんがやらせたいといっても、お子さまが気持ちが乗らなければだめです。我々、スタッフはバディ(Buddy)仲間として、一緒になってお子様の成長をサポートさせて頂いております。ライフチャレンジとは、外出レクリエーションになっております。


靴ひも結び(児童)

靴ひも結び(児童)

プレミア・ケア・ジュニア(PCJ)は、楽しんで通所を続けていけるエンタメ療育を行っております。場所見知り、人見知りがあるお子様も、同じスタッフがレッスンしていくことで、徐々に変化が見られます。指導に正解はないと言われているのは、それぞれのお子様に個性があるからだと思います。その個性を見つけ、指導しています。


プール療育 49回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

プール療育 49回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

2016年8月に渡米した時に行った、プールでのトレーニングを現地スタッフが見ていて、声をかけてくれたのがきっかけです。君たちのトレーニングを6か月続ければ歩けるようになる、その話を信じトレーニングを行っています。一年経った今では、10m、183歩、歩行時間5分以上まで歩けるようになっています。継続は力なりです。


最新の投稿


  ライフチャレンジ(LC) 2018年3月

ライフチャレンジ(LC) 2018年3月

エンタメ療育では、楽しんで続けていける環境を作り出すことを大切にしております。いくら親御さんがやらせたいといっても、お子さまが気持ちが乗らなければだめです。我々、スタッフはバディ(Buddy)仲間として、一緒になってお子様の成長をサポートさせて頂いております。ライフチャレンジとは、外出レクリエーションになっております。


ジョブチャレンジ(就労体験)プログラム 2018年2月

ジョブチャレンジ(就労体験)プログラム 2018年2月

ジョブチャレンジとは、実際の職場にて、お仕事をして頂きます。 働く上で、必要なスキル(挨拶、パソコンスキルなど)を指導してまいります。 1.自分で職場に行く力を養う 2.挨拶をしっかり行う 3.必要なスキルを身につける 4.何ができるかを見つける 毎月1回からはじめるといいと思います。やればやるだけ力が付きます。


Sさんと行く皆の卒業旅行 2018年2月18日(日)予定

Sさんと行く皆の卒業旅行 2018年2月18日(日)予定

2017年8月に1週間、短期体験学習in USAを行いました。総勢11名で行ったときに参加してくれたしゅうさんは、この3月で高校卒業します。そこでロスアンジェルスに一緒に行ったメンバーで卒業旅行に行こうという計画を立てています。この旅行は、たくとさん、けんたさん、Nにとっても卒業となります。


プール療育 50回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

プール療育 50回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

2016年8月に渡米した時に行った、プールでのトレーニングを現地スタッフが見ていて、声をかけてくれたのがきっかけです。君たちのトレーニングを6か月続ければ歩けるようになる、その話を信じトレーニングを行っています。一年経った今では、10m、183歩、歩行時間5分以上まで歩けるようになっています。継続は力なりです。


ライフチャレンジ(LC) 2018年2月

ライフチャレンジ(LC) 2018年2月

エンタメ療育では、楽しんで続けていける環境を作り出すことを大切にしております。いくら親御さんがやらせたいといっても、お子さまが気持ちが乗らなければだめです。我々、スタッフはバディ(Buddy)仲間として、一緒になってお子様の成長をサポートさせて頂いております。ライフチャレンジとは、外出レクリエーションになっております。