プール療育 47回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

プール療育 47回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

2016年8月に渡米した時に行った、プールでのトレーニングを現地スタッフが見ていて、声をかけてくれたのがきっかけです。君たちのトレーニングを6か月続ければ歩けるようになる、その話を信じトレーニングを行っています。一年経った今では100歩まで歩けるようになっています。継続は力なりです。


2018年1月14日(日)

1か月ぶりのトレーニングとなりました。
珍しくほかのご利用者様(女性)がいました。そのため、撮影の許可をお願いするために話かけると、大丈夫ですよと快諾してくれました。

それに加え、今の自分よりも明日の自分のためにお互い頑張りましょう!と素晴らしい声掛けももらいました。

横歩き

理学療法士さんとのトレーニングでは、装具を付けて行っておりますので、我々のトレーニングの環境と違いますが、1年続けているプールトレーニングですので、地上でも問題なく足を動かすことができています。

途中、手すりが切れている場所もあったのですが、注意しながら進みました。

前のめりにならないように、Aポジションを意識してトレーニングを行いました。

横歩き

今年はじめてのトレーニング前に撮影

ピースにこだわりをもって

いつもピースをすると手首が返ってしまいます。そのため、今回その手首が返らないピースにて、ポーズを決めました。

階段の乗降と横歩き

横歩きにおいては、久しぶりに障害物(指導員の足)を乗り越えていくトレーニングを行いました。

しっかり腿からあげないとその障害物は越えられません。
越えられないと指導員の足を蹴ってしまうため、慎重に歩かなくてはなりません。

指導員は蹴らないでね、、、といいながらちょっとプレシャーをかけますが、問題なく足をコントロールすることができていました。

見ていても安心できる降り方ができています。

横歩きにおいては、歩くスピードを変えてトレーニングも行いました。

歩くスピードによって使う筋肉が違うことを感じてもらうために取り組みました。

Aポジション

かなりの負荷をかけて行いました。同じ方向に1回ではなく、2回かけることを行いました。

そのため、いつも以上にバランスをとることが難しい環境でしたが、しっかり体重移動をし、維持することに挑戦しました。

片手補助歩行

片手だけの補助で歩行しましたが、ほとんど力がかからない状態で歩けていました。

足の動かし方もスムーズになっていて、一緒に歌を歌いながらお散歩している感じで歩きました。

ただ、途中大笑いし、バランスが当然崩れてしまうこともあり、その時には、歯を食いしばり自分で立て直しを行っていました。

健太トレーニング

作業療法士の健太さんが教えてくれたトレーニングになります。

腿をあげ、その足を後ろに伸ばす(アキレス腱伸ばし)のようにします。
それを、各足20回ずつ行います。

しっかり、腿をあげることが一番大切にしている部分です。

このトレーニングした後に自立歩行をすると、足の運びがスムーズになることが過去の経験から感じております。

自立歩行

10mのプールを歩き切った自信から、今回の挑戦も気持ちの入ったものになりました。

結果としては、9mとあと1メートルのところでバランスを崩しましたが、そこまで歩いた歩数が108歩となりました。ただ、10mを歩き切った時が183歩でしたから、明らかに歩数を減らして歩けていることが見て取れます。

本人は、とっても悔しがっておりました。

プレミア・ケア・ジュニア(PCJ)児童発達支援、放課後等デイサービス 事業所一覧

プレミア・ケア・ジュニア(PCJ)

代田橋店 〒168-0063 杉並区和泉1-19-13
tel:03-5301-0760

芦花公園店 〒157-0062 世田谷区南烏山1-16-19
tel:03-5316-6056

阿佐ヶ谷店 〒166-0004 杉並区阿佐谷南2-32-9
tel:03-5305-3938

西荻窪店 〒167-0043 杉並区上荻3-5-4
tel:03-3301-2130

世田谷店 〒154-0016 世田谷区弦巻1-46-15
tel:03-5426-2325

三田店 〒108-0073 港区三田2-9-5みずほビル1F
tel:03-5439-9983

四ツ谷店 〒160-0004 新宿区四谷3-1-4斎藤ビル2F
tel:03-5362-7135


何でもそうですが、続けることって難しいことです。その環境を整備することが一番難しく、もし仮にその環境が整備できれば、療育は軌道に乗ると思います。

やったり、やらなかったりでは、いい時だけを求めてしまうものになりかねないので注意が必要だと思います。また本人がやりたいという気持ちにさせることも大事なポイントです。

卒業旅行

トレーニングの最中に話している内容があります。それは、Sさんの卒業旅行についてです。

学校企画のものではなくて、短期体験学習inUSAで一緒に行ったTさんとKさんと一緒に行く計画をしております。

最初は泊りがけで行こうということになっておりましたが、今回は日帰りとなります。

実施予定としては、2月中で調整しております。

なぜならば、3月にはKさんは新潟へ引っ越し、Tさんは舞台公演を控えており、2月がみんなで集まれる最後のタイミングなるからです。

2016年夏をちょっと思い出してみると、
アメリカに行ったときの乗車席順は、2列目に3人で肩を並べて座っていました。

現地では、山登り、野球観戦(前田健太)、プール遊び(のちのこのトレーニングの前身)、ステーキ食べたくて家でクッキング、お風呂など楽しい思い出がいっぱいです。

この体験では、奇跡がいっぱいあり、中でもHipホップのレジェンドDR.DREに偶然遭遇できました。

Sさんと出会って約4年、彼の高校卒業という一つのイベントを一緒に行えることは、本当のバディ(仲間)として最高です。

また、詳細が決まったら報告致します。

この記事のライター

関連する投稿


プール療育 50回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

プール療育 50回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

2016年8月に渡米した時に行った、プールでのトレーニングを現地スタッフが見ていて、声をかけてくれたのがきっかけです。君たちのトレーニングを6か月続ければ歩けるようになる、その話を信じトレーニングを行っています。一年経った今では、10m、183歩、歩行時間5分以上まで歩けるようになっています。継続は力なりです。


プール療育 49回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

プール療育 49回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

2016年8月に渡米した時に行った、プールでのトレーニングを現地スタッフが見ていて、声をかけてくれたのがきっかけです。君たちのトレーニングを6か月続ければ歩けるようになる、その話を信じトレーニングを行っています。一年経った今では、10m、183歩、歩行時間5分以上まで歩けるようになっています。継続は力なりです。


プール療育 46回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

プール療育 46回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

2016年8月に渡米した時に行った、プールでのトレーニングを現地スタッフが見ていて、声をかけてくれたのがきっかけです。君たちのトレーニングを6か月続ければ歩けるようになる、その話を信じトレーニングを行っています。一年経った今では100歩まで歩けるようになっています。継続は力なりです。


プール療育 45回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

プール療育 45回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

2016年8月に渡米した時に行った、プールでのトレーニングを現地スタッフが見ていて、声をかけてくれたのがきっかけです。君たちのトレーニングを6か月続ければ歩けるようになる、その話を信じトレーニングを行っています。一年経った今では100歩まで歩けるようになっています。継続は力なりです。


プール療育 44回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

プール療育 44回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

2016年8月に渡米した時に行った、プールでのトレーニングを現地スタッフが見ていて、声をかけてくれたのがきっかけです。君たちのトレーニングを6か月続ければ歩けるようになる、その話を信じトレーニングを行っています。一年経った今では100歩まで歩けるようになっています。継続は力なりです。


最新の投稿


  ライフチャレンジ(LC) 2018年3月

ライフチャレンジ(LC) 2018年3月

エンタメ療育では、楽しんで続けていける環境を作り出すことを大切にしております。いくら親御さんがやらせたいといっても、お子さまが気持ちが乗らなければだめです。我々、スタッフはバディ(Buddy)仲間として、一緒になってお子様の成長をサポートさせて頂いております。ライフチャレンジとは、外出レクリエーションになっております。


ジョブチャレンジ(就労体験)プログラム 2018年2月

ジョブチャレンジ(就労体験)プログラム 2018年2月

ジョブチャレンジとは、実際の職場にて、お仕事をして頂きます。 働く上で、必要なスキル(挨拶、パソコンスキルなど)を指導してまいります。 1.自分で職場に行く力を養う 2.挨拶をしっかり行う 3.必要なスキルを身につける 4.何ができるかを見つける 毎月1回からはじめるといいと思います。やればやるだけ力が付きます。


Sさんと行く皆の卒業旅行 2018年2月18日(日)予定

Sさんと行く皆の卒業旅行 2018年2月18日(日)予定

2017年8月に1週間、短期体験学習in USAを行いました。総勢11名で行ったときに参加してくれたしゅうさんは、この3月で高校卒業します。そこでロスアンジェルスに一緒に行ったメンバーで卒業旅行に行こうという計画を立てています。この旅行は、たくとさん、けんたさん、Nにとっても卒業となります。


ライフチャレンジ(LC) 2018年2月

ライフチャレンジ(LC) 2018年2月

エンタメ療育では、楽しんで続けていける環境を作り出すことを大切にしております。いくら親御さんがやらせたいといっても、お子さまが気持ちが乗らなければだめです。我々、スタッフはバディ(Buddy)仲間として、一緒になってお子様の成長をサポートさせて頂いております。ライフチャレンジとは、外出レクリエーションになっております。


靴ひも結び(児童)

靴ひも結び(児童)

プレミア・ケア・ジュニア(PCJ)は、楽しんで通所を続けていけるエンタメ療育を行っております。場所見知り、人見知りがあるお子様も、同じスタッフがレッスンしていくことで、徐々に変化が見られます。指導に正解はないと言われているのは、それぞれのお子様に個性があるからだと思います。その個性を見つけ、指導しています。