HOPEチャリティーコンサートへの出演 エンタメ療育

HOPEチャリティーコンサートへの出演 エンタメ療育

プレミア・ケア・ジュニア(PCJ)では、ダンスや歌を通して豊かな成長をサポートさせて頂いております。エンターテイメント+療育という融合によって、楽しんで続けられる療育を目指しております。指導するのは、プロのダンサーですので、正しい姿勢を作っていくお手伝いをさせていただけます。


HOPEチャリティーコンサート

毎年、東京教会で行っております、HOPEチャリティーコンサートにダンスチームとして出演させて頂いております。何百人を前に、自分たちが続けてやってきたダンスを披露する機会になります。見に来られている人は、今年は4,000円でチケットを購入し来られております。

PCJでは、舞台に立って人前で踊ることも、一つの療育であると位置づけております。そのため、外部イベントへの積極的な参加をしております。

また、独自でも毎年9月に全店舗合同のダンス発表会を行っております。
2016年度は、生徒さん150名、保護者・関係者様450名にご参加頂きました。

リハーサル

開催される前日、10月28日に行いました。

元劇団四季に所属しておられたそうそうたるメンバーと一緒にリハーサルを行えるのは素晴らしい経験です。

人のいない舞台で、自分たちが行うパフォーマンスを確認しました。

PCJで毎週ダンスをしている面々ですので、始まるまではそわそわでしたが、踊りだしたらすごい集中力でした。

プログラム

ホープワールドワイド・ジャパンでは過去23回にわたり、カンボジアの「シアヌーク病院ホープ医療センター」や、「ホープ就労支援センター」を支援するプロジェクトとして開催してまいりました。同時にご賛同くださる皆様にとっても、毎回様々な趣向のもとに、音楽や舞台を身近にじっくりと楽しんでいただきながら、国内外でニーズを抱える人々に大きく手を差し伸べられる企画となっています。

これらの実現のために毎回多くのアーティストやクリエイティブ・スタッフの方々が快くご賛同くださったこと、 そして数多くの個人、また企業の皆様方にもスポンサーとしてご協力いただきましたことも、重ねて心より御礼申し上げます。
http://www.hopewwj.org/projectlist/concert/

本年度は、HOPEの活動開始から25周年を祝う特別な記念コンサートとなります。昨年同様「ホープ就労支援センター」の支援プロジェクトとして開催致します。 今年で24回目を数えるこのチャリティーコンサートでの収益金は、障がい者就労支援事業をサポートするために用いられます。
お誘いあわせの上、奮ってご参加下さい。

午前の部

集合した後、皆で入退場の練習を行いました。

また、店舗ごとに分かれて秘密特訓を行いました。

お昼食べた後だったので、上半身だけで振りの確認

音をしっかり確認し、皆がだんだん戦闘モードへ

先生の指示をよく聞いて

ハロウィン仮装をしての舞台出演予定

本番前に、舞台の様子を見に行きました。観客が入っていると、雰囲気が全然違います。

静かに出番を待っています。

舞台終了後、カーテンコールでもしっかり、笑顔で手を振ってこたえることができました。

また、楽屋に戻ってから出演者がきてくれて、皆で記念撮影を撮ることができました。

午後の部

振りの確認

距離感を保ちながら

八鳥先生

出演者でもある、ケア代田橋の八鳥さんと、観賞しに来ていただいた3名とスーさん

終了後、楽屋で出演者Tシャツを受け取りました。

一人ずつ呼ばれて、前に取りにいきました。どうもお疲れ様でした。

毎年、このような素敵なイベントに参加させて頂いている機会を作っているのが八鳥先生になります。八鳥先生は、元劇団四季出身です。現在は、りはびり空間 プレミア・ケアという杉並区にある3時間15分の半日ディサービスで、インストラクターとして、ご利用者にダンス、歌、ヨガの指導をしていただいております。

http://www.premier-care.jp

普段からのトレーニングの賜物

PCJでしっかりトレーニングしている生徒さんだったので、素晴らしいパフォーマンスを披露することができました。また一つ成功事例をゲットできた気がします。

見ている自分は本当に一人、目をうるうるさせておりました。

プレミア・ケア・ジュニア(PCJ)

ダンスや歌を通して豊かな成長をサポートさせて頂いております。我々の目指すエンタメ療育とは、エンターテイメント+療育を融合した新しいプログラムです。
療育は、継続しなくてはいけない、継続するにはどうしたらいいか、大人目線ではなく、子供の気持ちになって、考え行っております。

レッスンプログラム

楽しんで明るく過ごすために「療育」に「エンターテイメント」を取り入れた「エンタメ療育」

ヴォーミングアップダンス

イメージ力をわかせながら体を動かすことで・・・

ヨガ・ポーズ・体幹トレーニング

動作をわかりやすく行うために絵カードを見て・・・

正しい姿勢

日常生活の中で体幹を使った正しい姿勢ができるようになると・・・

アイソレーション

自分の体がどこでどうなっているかをイメージして、ボディイメージを持たせる・・・

リズムトレーニング

心地よりリズムを刻み、セロトニン神経を働きを活発化し、気持ちを安定させる・・・

あいさつ・自己紹介、発声・歌、おやつの前の手洗い

集団生活における基本的なルールやコミュニケーション能力の確立・・・

おやつ

気持ちのクールダウンさせると共に・・・微細運動(指先)の向上・・・

ストレッチ

筋肉の緊張を緩めることで自律神経のバランスを整える・・・

http://www.premier-jr.jp

この記事のライター

関連する投稿


プレミア・ケア・ジュニア(PCJ)三田店 エンタメ療育 専門店

プレミア・ケア・ジュニア(PCJ)三田店 エンタメ療育 専門店

エンタメ療育は、楽しんで続けていく環境を提供しております。 現在、杉並区(代田橋、阿佐ヶ谷、西荻窪)、世田谷区(世田谷、芦花公園)、港区(三田)、新宿区(四ツ谷)で、ご利用者様とその保護者、そして我々バディ(仲間)との強力のタッグを組みながら、子供たちの成長をお手伝いさせて頂いております。


ダンス療育 楽しく体を動かす習慣を作ることは何よりも大事

ダンス療育 楽しく体を動かす習慣を作ることは何よりも大事

エンタメ療育は、楽しんで続けていける環境を作り出すことを大切にしております。療育は、子供のためにチームを組んでサポートしていく必要があります。我々は、バディ(仲間)が一緒に成長のお手伝いをさせて頂きます。児童発達支援、放課後等デイサービスの多機能型所プレミア・ケア・ジュニア(PCJ)は、さまざま方法でサポートします。


英語でコミュニケーションと社会性を身につけるエンタメ療育PCS

英語でコミュニケーションと社会性を身につけるエンタメ療育PCS

英語を使用して、コミュニケーションと社会性を身につける体験型トレーニング、プレミア・コミュニケーション・ソーシャル(PCS)、エンタメ療育のプレミア・ケア・ジュニアのサービスになります。


ダウン症特有の反発 エンタメ療育

ダウン症特有の反発 エンタメ療育

プレミア・ケア・ジュニア(PCJ)では発達が気になるお子様に、用具を用いた運動やストレッチ、エクササイズダンス、歌を通じて豊かな成長のお手伝いをいたします。2013年7月からエンタメ療育をスタートしております。その中で、様々なお子さまと出会い、一緒に成長させて頂いております。


プールチャレンジ(水中トレーニング)7 エンタメ療育

プールチャレンジ(水中トレーニング)7 エンタメ療育

2016年8月、アメリカで行ったトレーニングが、現地スタッフの目に留まり、言われた言葉が、君のやっているトレーニングを6か月続けたら、目に見える変化が生まれるよというものでした。帰国後、日本でもトレーニングを行える施設を探し、この度スタートすることになった。


最新の投稿


  ライフチャレンジ(LC) 2018年3月

ライフチャレンジ(LC) 2018年3月

エンタメ療育では、楽しんで続けていける環境を作り出すことを大切にしております。いくら親御さんがやらせたいといっても、お子さまが気持ちが乗らなければだめです。我々、スタッフはバディ(Buddy)仲間として、一緒になってお子様の成長をサポートさせて頂いております。ライフチャレンジとは、外出レクリエーションになっております。


ジョブチャレンジ(就労体験)プログラム 2018年2月

ジョブチャレンジ(就労体験)プログラム 2018年2月

ジョブチャレンジとは、実際の職場にて、お仕事をして頂きます。 働く上で、必要なスキル(挨拶、パソコンスキルなど)を指導してまいります。 1.自分で職場に行く力を養う 2.挨拶をしっかり行う 3.必要なスキルを身につける 4.何ができるかを見つける 毎月1回からはじめるといいと思います。やればやるだけ力が付きます。


Sさんと行く皆の卒業旅行 2018年2月18日(日)予定

Sさんと行く皆の卒業旅行 2018年2月18日(日)予定

2017年8月に1週間、短期体験学習in USAを行いました。総勢11名で行ったときに参加してくれたしゅうさんは、この3月で高校卒業します。そこでロスアンジェルスに一緒に行ったメンバーで卒業旅行に行こうという計画を立てています。この旅行は、たくとさん、けんたさん、Nにとっても卒業となります。


プール療育 50回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

プール療育 50回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

2016年8月に渡米した時に行った、プールでのトレーニングを現地スタッフが見ていて、声をかけてくれたのがきっかけです。君たちのトレーニングを6か月続ければ歩けるようになる、その話を信じトレーニングを行っています。一年経った今では、10m、183歩、歩行時間5分以上まで歩けるようになっています。継続は力なりです。


ライフチャレンジ(LC) 2018年2月

ライフチャレンジ(LC) 2018年2月

エンタメ療育では、楽しんで続けていける環境を作り出すことを大切にしております。いくら親御さんがやらせたいといっても、お子さまが気持ちが乗らなければだめです。我々、スタッフはバディ(Buddy)仲間として、一緒になってお子様の成長をサポートさせて頂いております。ライフチャレンジとは、外出レクリエーションになっております。