スイミングチャレンジ(水中トレーニング)6 エンタメ療育

スイミングチャレンジ(水中トレーニング)6 エンタメ療育

2016年8月、アメリカで行ったトレーニングが、現地スタッフの目に留まり、言われた言葉が、君のやっているトレーニングを6か月続けたら、目に見える変化が生まれるよというものでした。帰国後、日本でもトレーニングを行える施設を探し、この度スタートすることになった。PCJのエンタメ療育トレーニングになります。


新しい水着と帽子

水の抵抗が少ないタイプの水着になりました。また、帽子が小さくなっていたので新しいものになり、気分をあげてトレーニングに取り組むことができました。療育をしていくためには、周りの環境を整えることがとても大切です。そのために、必要なもの、また気づきがあれば、ご家族に報告、連絡しながら行う連携が必要です。

2週間ぶりのトレーニング

前回から、2週間空いたのでちょっと心配でした。それまで毎週1回行ってきたのですが、スケジュールで今回2週間空いてしまいました。そのため、まずは体になじんでいるかを確認しながら、水中歩行を行いました。それから、バランスをAポジションに保つべく、左、右、後ろ、前へとわざとバランスを崩したあとのリカバリーを行いました。

結果からいうと、しっかり体が覚えていて、自分のものにしておりました。

両足ジャンプ

エンタメ要素をたっぷり入れて行っている療育トレーニングなので、生徒と指導員の笑いが絶えません。中でも、一番盛り上がるのが、両足ジャンプですが、今回は、自分でその場バランスをとった上でジャンプするものを追加しました。

Aポジションを忘れずに、ちょっと膝を曲げ、維持した上で自分でジャンプします。
その維持する時間も最高8秒まで伸びました。

笑いがでるのは、うまく飛べるとお互いの顔に思いっきり水がかかるからです。でも、なぜかそれが嬉しいのがこのトレーニングです。



横歩き:足を持ち上げる動作

階段の段差は、それぞれ高さが違うため、しっかり足をあげないといけません。そのイメージを持ちながら、横歩きしました。右横歩きの場合ならば、右足を水中に準備した壁を超えるために高く足をあげます。最初は、低いところからスタートし、徐々に高くしていく形に行います。
ここでの工夫としては、壁は実は指導員の足なんです。なので、上がらなく蹴られるときには、あー痛いという言葉が聞こえてくるので、当事者は当然蹴らないように頑張ります。

ジャンプと横歩きを実践的に

実際に、練習してきた、ジャンプと横歩きを使い階段にチャレンジします。
水中にある段差は、通常の階段よりも高さがあり、しっかり足をあげないとつまづきます。また、片足が上がっても、もう一方の足が残ってしまうため、蹴り上げる(ジャンプ)を使わなくてはいけません。

Aポジションを忘れていると、体が前のめりになってしまい、うまく足があげられなくなります。
そうなると、力任せになってしまいバランスを崩します。

頑張りすぎないように

エンタメ要素を取り入れた療育ですので、遠回りしても笑いが絶えないようにしなくてはいけないと心がけていています。

頑張ったあとは、一番リラックスできる気持ちいい、背泳ぎを行います。水に浮くことにより、全身の力が抜けます。

現在は、補助をしておりますが、将来的には補助なしで行っていくのが目標でもあります。

ここでも、ターンをするときは、膝をまげ、ためを作り、壁をける動作を入れています。
だんだん蹴りがだんだん強くなってきています。
タイミング、膝の曲げる角度などがわかってきたからです。

階段の上り下り

階段を上るときに気をつけることは、横歩きで意識して取り組んだ、しっかり足をあげるというポイントです。しっかり足がステップについたら、もう片方の足で、しっかり蹴り上げます。

上りができたら、下ります。今回は、後ろ向きに下りて行くトレーニングを行いました。この時に注意ポイントとしては、手すりの持つ位置です。体のどの位置にあったら一番スムーズに足を下ろせるかを感じながら行いました。

第3回福祉機器展

11月12日(土)立川市のトヨタドライビングスクールで行われた福祉機器展に行きました。目的は、水中トレーニングから実際の歩行するにあたり、展示会で実物の商品を見てきました。

数ある展示物の中から、目に留まるものがありました。ただし、よく見ると試作品と書いてあったのでまだ市販されていないものでした。

実際負荷をかけて歩いてみましたが、左右の動きもスムーズでよくできたものでした。

狭い会場だったので、人があふれておりました。

プールを利用している方から

通常、16時40分から18時10分まで利用させてもらっています。毎回、同じ曜日、時間だと何となく顔見知りができてきます。そんな中、高齢者の女性の方より、嬉しい声掛けがありました。この方は、初回からプレミアアディショナルトレーニングを見ていらっしゃる方で、今回見られて、すごい変化が見られていると教えてくれました。

確かに、続けることで面白いように収穫があります。ただし、続けることは、大変です。なぜ大変なのかというと、一番は環境だと思います。一人でできることには限界があります、ただし、色々な人との連携することによって、何でもできます。

エンタメ療育

http://www.premier-jr.jp

踊ろう・歌おう・新しい療育

1. プールという環境・水に慣れる。
2. 楽しくダイナミックに体を動かす。
3. 学校プールに意欲的に参加できるためのステップ

英語を使って、コミュニケーションと社会性を身につける体験型トレーニング

就労を意識して、高校生からはじめよう

日常生活から学ぶ大事なこと

この記事のライター

関連する投稿


プール療育 50回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

プール療育 50回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

2016年8月に渡米した時に行った、プールでのトレーニングを現地スタッフが見ていて、声をかけてくれたのがきっかけです。君たちのトレーニングを6か月続ければ歩けるようになる、その話を信じトレーニングを行っています。一年経った今では、10m、183歩、歩行時間5分以上まで歩けるようになっています。継続は力なりです。


プール療育 49回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

プール療育 49回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

2016年8月に渡米した時に行った、プールでのトレーニングを現地スタッフが見ていて、声をかけてくれたのがきっかけです。君たちのトレーニングを6か月続ければ歩けるようになる、その話を信じトレーニングを行っています。一年経った今では、10m、183歩、歩行時間5分以上まで歩けるようになっています。継続は力なりです。


プール療育 47回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

プール療育 47回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

2016年8月に渡米した時に行った、プールでのトレーニングを現地スタッフが見ていて、声をかけてくれたのがきっかけです。君たちのトレーニングを6か月続ければ歩けるようになる、その話を信じトレーニングを行っています。一年経った今では100歩まで歩けるようになっています。継続は力なりです。


プール療育 45回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

プール療育 45回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

2016年8月に渡米した時に行った、プールでのトレーニングを現地スタッフが見ていて、声をかけてくれたのがきっかけです。君たちのトレーニングを6か月続ければ歩けるようになる、その話を信じトレーニングを行っています。一年経った今では100歩まで歩けるようになっています。継続は力なりです。


ライフチャレンジ(LC) ボーリング、キッザニア 2017年12月

ライフチャレンジ(LC) ボーリング、キッザニア 2017年12月

エンタメ療育では、楽しんで続けていける環境を作り出すことを大切にしております。いくら親御さんがやらせたいといっても、お子さまが気持ちが乗らなければだめです。我々、スタッフはバディ(Buddy)仲間として、一緒になってお子様の成長をサポートさせて頂いております。ライフチャレンジとは、外出レクリエーションになっております。


最新の投稿


  ライフチャレンジ(LC) 2018年3月

ライフチャレンジ(LC) 2018年3月

エンタメ療育では、楽しんで続けていける環境を作り出すことを大切にしております。いくら親御さんがやらせたいといっても、お子さまが気持ちが乗らなければだめです。我々、スタッフはバディ(Buddy)仲間として、一緒になってお子様の成長をサポートさせて頂いております。ライフチャレンジとは、外出レクリエーションになっております。


ジョブチャレンジ(就労体験)プログラム 2018年2月

ジョブチャレンジ(就労体験)プログラム 2018年2月

ジョブチャレンジとは、実際の職場にて、お仕事をして頂きます。 働く上で、必要なスキル(挨拶、パソコンスキルなど)を指導してまいります。 1.自分で職場に行く力を養う 2.挨拶をしっかり行う 3.必要なスキルを身につける 4.何ができるかを見つける 毎月1回からはじめるといいと思います。やればやるだけ力が付きます。


Sさんと行く皆の卒業旅行 2018年2月18日(日)予定

Sさんと行く皆の卒業旅行 2018年2月18日(日)予定

2017年8月に1週間、短期体験学習in USAを行いました。総勢11名で行ったときに参加してくれたしゅうさんは、この3月で高校卒業します。そこでロスアンジェルスに一緒に行ったメンバーで卒業旅行に行こうという計画を立てています。この旅行は、たくとさん、けんたさん、Nにとっても卒業となります。


プール療育 50回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

プール療育 50回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

2016年8月に渡米した時に行った、プールでのトレーニングを現地スタッフが見ていて、声をかけてくれたのがきっかけです。君たちのトレーニングを6か月続ければ歩けるようになる、その話を信じトレーニングを行っています。一年経った今では、10m、183歩、歩行時間5分以上まで歩けるようになっています。継続は力なりです。


ライフチャレンジ(LC) 2018年2月

ライフチャレンジ(LC) 2018年2月

エンタメ療育では、楽しんで続けていける環境を作り出すことを大切にしております。いくら親御さんがやらせたいといっても、お子さまが気持ちが乗らなければだめです。我々、スタッフはバディ(Buddy)仲間として、一緒になってお子様の成長をサポートさせて頂いております。ライフチャレンジとは、外出レクリエーションになっております。