プールチャレンジ(水中トレーニング)7 エンタメ療育

プールチャレンジ(水中トレーニング)7 エンタメ療育

2016年8月、アメリカで行ったトレーニングが、現地スタッフの目に留まり、言われた言葉が、君のやっているトレーニングを6か月続けたら、目に見える変化が生まれるよというものでした。帰国後、日本でもトレーニングを行える施設を探し、この度スタートすることになった。


通所におけるリズム

現在、16時40分から施設を借りている。幸いのことに、学校から施設までは5分で行ける。そのため、すんなりいくと、通常15時55分ごろに到着する。

この時間を使って、お手洗い、着替えを行っている。

着替えは、通常B1で行っている。ゆっくり話しながら着替えてもまだ余裕がある。そのため、一緒に過去のトレーニング動画をみて、動きを研究している。

特によく確認したのが、足をしっかりあげて、もう片方の足を蹴り上げるだった。

顔見知りの方々と

挨拶しつつ、自分たちのトレーニングに集中開始。
今回から、入水部分も自分で行くようにした。実は、2週間前のトレーニングで、階段の上り下りを行っており、その時を思い出して行ってもらった。

結果、下りるときの手の位置が若干遠すぎて、足がスムーズにでない状態だった。
しかし、それでも集中して、自分で入水することに成功した。

いつもスタートするときには、Aポジションを確認する。それから、バランスを崩したときの修正をその場で行う。さあ、トレーニングスタート、10mのプールの歩行になる。
以前に比べ、本当にバランスがよくなり、足がスムーズにでるようになってきている。

彼自身もそれに気が付いており、補助を次なるステップに変えてみた。その補助方法は片手だけで行い、もう片手は自由にバランスを取るために使う。このトライをするにあたり、エンタメ療育の技がある、それは明確な声掛けである、またしぐさで次に行われることを楽しく、面白く見本を見せる。
それにより、次に行われることがイメージでき、頑張れるようになる。

温水シャワーを浴びて

横歩き

前回同様、手すり補助を使い行った。ここでのイメージは、出す足をしっかりあげる。前方にある障害物より高く上げないといけない。今回は、前回よりもスムーズなっていたので、ハードルを上げてみた。高い位置で行ったので、何回か足の上に乗られ、いたーーーい場面はあった。

ただ、これは彼に足をあげるイメージを明確にするためのトレーニングでもある。
そのため、前回よりも高いハードルだったけど、蹴らないようにいろいろ考えて、行動に移すことができるようになってきた。歩幅、体の角度、手すりの持つ位置など

結果、かなり高い位置まで足が上がるようになってきた。

しっかりあげる

足を閉じる 新しいメニュー

体を背伸びした状態で、足を持ち、その足を左右に開く。その開いた足を閉じてもらう動きのトレーニング。さあ、開くよ、ほい閉じて、閉じて、それじゃ閉じられないよ、もっとという掛け声のもと、トライした。最初はどこに力を入れればいいか、わからないようだったが、次第におしりと内腿を意識すればいいんだと気が付きだした。

力くらべができるほど、体の使い方がわかってきた。
最初、1回開いたら、閉じるまでに3回行わないといけなかったのが、最後の方は1回で閉じるまでになった。

足を開く 新しいメニュー

開いたら今度は閉じるトレーニングを行った。閉じるとは違い、いきよいではできない。じわじわ力を伝え、開いていく必要がある。このトレーニングのお蔭で今回また素晴らしい成果を出すことになる。

ジャンプ・ジャンプ・ジャンプ

一番笑えるトレーニング、ジャンプ×3で、今回素晴らしい成果を打ち立てた。まず結果からいうと、補助なしでジャンプを行うとき、しっかり膝を曲げ、タイミングを合わせ、ジャンプで着地。これが通常のトレーニング。その中で、何秒静止できるかチャレンジがある、今までは、最高が7秒だった。しかし、それが18秒に静止することができるようになったのだ。その理由としては、しっかり腿に力が入り、またいつも通りバランスを意識したからだと思う。
本当に、嬉しい瞬間でした。

横歩きから階段のぼり

今日身につけた動きを確認する。
1.しっかり足をあげる
2.もう片方の足で地面を蹴り上げる
3.そして、両足を閉める

蹴る力が強くなってきているため、階段を上るときにための時間ができ、一回であがれるようになった

あらためてプールトレーニングは

◎水の特性とは・・(参考文献 池田君子編著 「スキンシップ水療育」より)

水の感触・・・
水の冷たさ、温かさ、心地よさをたっぷりと感じる中で、皮膚を刺激し鍛えることができます。

水の浮力(無重力)・・・
陸上では思うように体を動かせなかったり、うまく歩けないお子さんも水の力を受けて体が軽くなり、手足が動かしやすくなります。

水の抵抗・・・
水の中で体を動かすと、水の抵抗を感じ、ボディーイメージが高まります。
その状態で、体を動かすことで、筋力を高めることができます。

筋力が高まることにより、できることが広がる。続けることで成果をだす。すぐに成果がでなくても、信じてやることが大事。中途半端は絶対だけ、はじめたら、最低1年は続けないと、、、
もちろん、ずっと続けることが一番!

ここまできています

現在トレーニング実施5回、確実に成果がでている。
今後、もっと筋力をつけるために、足におもりをつけてトレーニングをする予定。

今回、腿を意識させたことにより、すべてにおいて進歩がみられた。

やっていて楽しいのが表情から見られる

この記事のライター

関連する投稿


プール療育 50回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

プール療育 50回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

2016年8月に渡米した時に行った、プールでのトレーニングを現地スタッフが見ていて、声をかけてくれたのがきっかけです。君たちのトレーニングを6か月続ければ歩けるようになる、その話を信じトレーニングを行っています。一年経った今では、10m、183歩、歩行時間5分以上まで歩けるようになっています。継続は力なりです。


プール療育 49回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

プール療育 49回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

2016年8月に渡米した時に行った、プールでのトレーニングを現地スタッフが見ていて、声をかけてくれたのがきっかけです。君たちのトレーニングを6か月続ければ歩けるようになる、その話を信じトレーニングを行っています。一年経った今では、10m、183歩、歩行時間5分以上まで歩けるようになっています。継続は力なりです。


プール療育 47回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

プール療育 47回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

2016年8月に渡米した時に行った、プールでのトレーニングを現地スタッフが見ていて、声をかけてくれたのがきっかけです。君たちのトレーニングを6か月続ければ歩けるようになる、その話を信じトレーニングを行っています。一年経った今では100歩まで歩けるようになっています。継続は力なりです。


プール療育 45回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

プール療育 45回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

2016年8月に渡米した時に行った、プールでのトレーニングを現地スタッフが見ていて、声をかけてくれたのがきっかけです。君たちのトレーニングを6か月続ければ歩けるようになる、その話を信じトレーニングを行っています。一年経った今では100歩まで歩けるようになっています。継続は力なりです。


ライフチャレンジ(LC) ボーリング、キッザニア 2017年12月

ライフチャレンジ(LC) ボーリング、キッザニア 2017年12月

エンタメ療育では、楽しんで続けていける環境を作り出すことを大切にしております。いくら親御さんがやらせたいといっても、お子さまが気持ちが乗らなければだめです。我々、スタッフはバディ(Buddy)仲間として、一緒になってお子様の成長をサポートさせて頂いております。ライフチャレンジとは、外出レクリエーションになっております。


最新の投稿


  ライフチャレンジ(LC) 2018年3月

ライフチャレンジ(LC) 2018年3月

エンタメ療育では、楽しんで続けていける環境を作り出すことを大切にしております。いくら親御さんがやらせたいといっても、お子さまが気持ちが乗らなければだめです。我々、スタッフはバディ(Buddy)仲間として、一緒になってお子様の成長をサポートさせて頂いております。ライフチャレンジとは、外出レクリエーションになっております。


ジョブチャレンジ(就労体験)プログラム 2018年2月

ジョブチャレンジ(就労体験)プログラム 2018年2月

ジョブチャレンジとは、実際の職場にて、お仕事をして頂きます。 働く上で、必要なスキル(挨拶、パソコンスキルなど)を指導してまいります。 1.自分で職場に行く力を養う 2.挨拶をしっかり行う 3.必要なスキルを身につける 4.何ができるかを見つける 毎月1回からはじめるといいと思います。やればやるだけ力が付きます。


Sさんと行く皆の卒業旅行 2018年2月18日(日)予定

Sさんと行く皆の卒業旅行 2018年2月18日(日)予定

2017年8月に1週間、短期体験学習in USAを行いました。総勢11名で行ったときに参加してくれたしゅうさんは、この3月で高校卒業します。そこでロスアンジェルスに一緒に行ったメンバーで卒業旅行に行こうという計画を立てています。この旅行は、たくとさん、けんたさん、Nにとっても卒業となります。


プール療育 50回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

プール療育 50回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

2016年8月に渡米した時に行った、プールでのトレーニングを現地スタッフが見ていて、声をかけてくれたのがきっかけです。君たちのトレーニングを6か月続ければ歩けるようになる、その話を信じトレーニングを行っています。一年経った今では、10m、183歩、歩行時間5分以上まで歩けるようになっています。継続は力なりです。


ライフチャレンジ(LC) 2018年2月

ライフチャレンジ(LC) 2018年2月

エンタメ療育では、楽しんで続けていける環境を作り出すことを大切にしております。いくら親御さんがやらせたいといっても、お子さまが気持ちが乗らなければだめです。我々、スタッフはバディ(Buddy)仲間として、一緒になってお子様の成長をサポートさせて頂いております。ライフチャレンジとは、外出レクリエーションになっております。