アディショナルトレーニング プール療育 3エンタメ療育

アディショナルトレーニング プール療育 3エンタメ療育

プレミア・ケア・ジュニア(PCJ)では、ダンスや歌を通して豊かな成長をサポートさせて頂いております。エンターテイメント+療育という融合によって、楽しんで続けられる療育を目指しております。新たに、プールトレー二ングを開始致します。お子様との関係ができている指導員が行うので、スムーズに新たな環境でのチャレンジができます。


早いもので3回目

12月コース(全4回)も、早いもので3回目となりました。皆さん、集合する時間も早めに着て頂き、フロアーでゆっくりして頂いております。その間に、バディさん(先生)と新年の挨拶や、お正月に食べたものなどの話をし、リラックスしていました。

ロッカーのカギを借りる手続きをし、鍵を5分前にもらい、地下1Fに向かいます。

男性は青、女性は赤

着替え

時間になると、保護者と別れ、更衣室へ移動します。そこで、自分で着替えを行います。中には、早く着替え終わる子もいますが、その場合はみんなが着替えを終わるまで待っています。

早く着替えられても、皆が準備できるまで待っている

シャワーを浴びて、皆で挨拶

まず、体をシャワーでぬらし、その後消毒液に入ります。どちらも、ぬるい水温になっているため、嫌がらず入ることができます。

プールの水を清潔に保つには
プール水の汚れの大半は、遊泳者自身が持ち込んだ汚れやバイ菌です。
身体に付着している汗やアカ・遊泳中の発汗・尿などの分泌物や排泄物には、多量の塩分、尿素、アンモニア等の窒素化合物が含まれています。
また、サンローションやヘアースプレイ等の化粧品にも、いろいろな有機物や窒素化合物が含まれています。
これらの物質が、プールの水と混ざり合って「目に見えない汚れ」の原因となってしまいます。
これらの汚れを分解するためには、塩素剤の定期的な投入が必要になるのです。
塩素剤は決められた容量・使用方法を間違えないように使用しなくてはなりません。

皆が揃うまで、体育座りで待ちます。最初は、まずプールに入りたいという気持ちが高ぶっていたのですが、3回目ということもあって、落ち着いて待てるようになりました。

自分一人でなく、人を待つということはとても重要なことを自然と習得できてきます。

みんなそろってご挨拶

第3回 ATプールのメニュー

1.挨拶
2.準備体操
3.水中行進
4.ぴょんぴょんジャンプ
5.ボール集めゲーム
6.ボビングの導入
7.水に顔を付ける
8.浮き輪に掴まり浮く練習

ヴォーミングアップ①

ヴォーミングアップ②

今日の目標は、顔を付けること、さあ、みんなできるかな?

1回目、2回目と違って、みんなプールにさっそうと入っていき、プールを1周まわっていました。
なかには、水の中に顔をつけながら進んでいくお子さまもでてきました。歩くより跳ねるように進んでいました。

2つのチームに分かれてトレーニング開始

Aチームは、鼻ブクブクも抵抗なく行う事が出来るようになって来ました。
潜るとなるとまだ苦手意識がある子もいますが顔に水を付ける抵抗が無くなってきました。

一方Bチームは、水の中でのボールタッチ、ジャンプを最初に行いました。
ボールタッチは、10mのプール行ったり来たりして、また水の中にあるボールへのタッチもできるようになりました。バディよりも早く、ボールに触るために一生懸命、狙いのボールにめがけて向かっていきます。

ビート板を、両足に挟む

水が跳ねても大丈夫

Aチームは、バディさんに引っ張られていると、水が跳ねたりしますが、水中眼鏡をしているので目には水が入りません。その成功体験が次への潜るにつながるのです。一つひとつ楽しみながら行うことで、自然と水に慣れてきます。

Bチームは、足をまっすぐ伸ばし、バタ足を行えるように行いました。
バタ足をするためには、しっかりお尻を閉めて、足を水面にあげます。その上で、リズムよく水を蹴り上げます。リズムよく、継続することによって前に進むんだという体験を指導していきます。

Aチーム

Aチーム

水に慣れたかな

ジョロで雨・・・

あれだけ、水を怖がっていたお子さんも、自信がついてくると、水がかかっても何のその、全然平気になります。今回の目標だった、顔を付けることもできるようになりました。

楽しんで続けることができるエンタメ療育を目指している我々でも、びっくりするぐらいの子供たちの成長を目に見ることができました。やはり、普段からダンスを指導しているものがプールを指導する、このことが、お子さまたちへ絶大な信頼感が構築できていることが成功へ導く道を作っていると思います。

当然、ご父兄の方が我々の取り組みにチャレンジして頂いていることに感謝しております。

優しい雨の女神

あと1回

残すとこあと1回で、全員が潜ることができるようになりたいと考えております。
現在5名中、2名が達成しております。手作りの道具を使って、楽しみながら取り組めるようにしております。

Bチームのお子様は、水に沈んだ鍵取りができるようになりました。
2種類の色を使用したのですが、赤と青、赤より青の方が見やすいみたいでした。

エンタメ療育

プレミア・ケア・ジュニア(PCJ)では、新しいプログラムが生み出されております。
今回のアディショナルトレーニング(AT)プールもその一つです。

ご利用者様からの声にしっかり耳を傾け、我々ができる最高なプログラムを提供するべく取り組んでおります。

1.PCJ ダンス
http://www.premier-jr.jp

2.PCS 英語を使用してのコミュニケーション&社会性を養うトレーニング
http://www.premier-cs.jp

3.PPE プレミア体育
http://www.premier-jr.jp/ppe

4.AT Pool プールトレーニング
http://www.premier-jr.jp/pool

ご挨拶

最後みんなで集まって

プールは、いつもよりも体を使うため、おなかがすくようです。
「おなかがすいた~」という声がちらほら、バディさん(先生)からもです。

ただ、終わるとみんな、充実した表情になっていて、いい顔しています。

この記事のライター

関連する投稿


  ライフチャレンジ(LC) 2018年3月

ライフチャレンジ(LC) 2018年3月

エンタメ療育では、楽しんで続けていける環境を作り出すことを大切にしております。いくら親御さんがやらせたいといっても、お子さまが気持ちが乗らなければだめです。我々、スタッフはバディ(Buddy)仲間として、一緒になってお子様の成長をサポートさせて頂いております。ライフチャレンジとは、外出レクリエーションになっております。


ジョブチャレンジ(就労体験)プログラム 2018年2月

ジョブチャレンジ(就労体験)プログラム 2018年2月

ジョブチャレンジとは、実際の職場にて、お仕事をして頂きます。 働く上で、必要なスキル(挨拶、パソコンスキルなど)を指導してまいります。 1.自分で職場に行く力を養う 2.挨拶をしっかり行う 3.必要なスキルを身につける 4.何ができるかを見つける 毎月1回からはじめるといいと思います。やればやるだけ力が付きます。


プール療育 50回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

プール療育 50回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

2016年8月に渡米した時に行った、プールでのトレーニングを現地スタッフが見ていて、声をかけてくれたのがきっかけです。君たちのトレーニングを6か月続ければ歩けるようになる、その話を信じトレーニングを行っています。一年経った今では、10m、183歩、歩行時間5分以上まで歩けるようになっています。継続は力なりです。


ライフチャレンジ(LC) 2018年2月

ライフチャレンジ(LC) 2018年2月

エンタメ療育では、楽しんで続けていける環境を作り出すことを大切にしております。いくら親御さんがやらせたいといっても、お子さまが気持ちが乗らなければだめです。我々、スタッフはバディ(Buddy)仲間として、一緒になってお子様の成長をサポートさせて頂いております。ライフチャレンジとは、外出レクリエーションになっております。


靴ひも結び(児童)

靴ひも結び(児童)

プレミア・ケア・ジュニア(PCJ)は、楽しんで通所を続けていけるエンタメ療育を行っております。場所見知り、人見知りがあるお子様も、同じスタッフがレッスンしていくことで、徐々に変化が見られます。指導に正解はないと言われているのは、それぞれのお子様に個性があるからだと思います。その個性を見つけ、指導しています。


最新の投稿


  ライフチャレンジ(LC) 2018年3月

ライフチャレンジ(LC) 2018年3月

エンタメ療育では、楽しんで続けていける環境を作り出すことを大切にしております。いくら親御さんがやらせたいといっても、お子さまが気持ちが乗らなければだめです。我々、スタッフはバディ(Buddy)仲間として、一緒になってお子様の成長をサポートさせて頂いております。ライフチャレンジとは、外出レクリエーションになっております。


ジョブチャレンジ(就労体験)プログラム 2018年2月

ジョブチャレンジ(就労体験)プログラム 2018年2月

ジョブチャレンジとは、実際の職場にて、お仕事をして頂きます。 働く上で、必要なスキル(挨拶、パソコンスキルなど)を指導してまいります。 1.自分で職場に行く力を養う 2.挨拶をしっかり行う 3.必要なスキルを身につける 4.何ができるかを見つける 毎月1回からはじめるといいと思います。やればやるだけ力が付きます。


Sさんと行く皆の卒業旅行 2018年2月18日(日)予定

Sさんと行く皆の卒業旅行 2018年2月18日(日)予定

2017年8月に1週間、短期体験学習in USAを行いました。総勢11名で行ったときに参加してくれたしゅうさんは、この3月で高校卒業します。そこでロスアンジェルスに一緒に行ったメンバーで卒業旅行に行こうという計画を立てています。この旅行は、たくとさん、けんたさん、Nにとっても卒業となります。


プール療育 50回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

プール療育 50回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

2016年8月に渡米した時に行った、プールでのトレーニングを現地スタッフが見ていて、声をかけてくれたのがきっかけです。君たちのトレーニングを6か月続ければ歩けるようになる、その話を信じトレーニングを行っています。一年経った今では、10m、183歩、歩行時間5分以上まで歩けるようになっています。継続は力なりです。


ライフチャレンジ(LC) 2018年2月

ライフチャレンジ(LC) 2018年2月

エンタメ療育では、楽しんで続けていける環境を作り出すことを大切にしております。いくら親御さんがやらせたいといっても、お子さまが気持ちが乗らなければだめです。我々、スタッフはバディ(Buddy)仲間として、一緒になってお子様の成長をサポートさせて頂いております。ライフチャレンジとは、外出レクリエーションになっております。