人と人の出会いによって変わること エンタメ療育 英語

人と人の出会いによって変わること エンタメ療育 英語

楽しみながら継続して療育を行っている中で、生まれたプレミア・コミュニケーション&ソーシャル(PCS)。そこで出会った好青年Sさん、もう3年前になります。彼に出会って、二人でチャレンジしてきたことは人に自慢できるものです。エンタメ療育は、あせらず・あわてず・あきらめず、バディ(仲間)と一緒に共に成長するようにします。


はじめて出会ったのは中学3年生

Sさんと初めて出会ったのは、中学3年生の時でした。2017年4月には高校3年生になりますから、約3年前になります。

我々のプレミア・ケア・ジュニア(PCS)の英語を使ったコミュニケーションと社会性を身につける体験型トレーニング、プレミア・コミュニケーション・ソーシャル(PCS)に通所してもらったのが最初になります。

http://www.premier-cs.jp

その当時、女性のきれいな先生、イブン先生の大ファンでした。途中、イブン先生がスペイン留学をした時には、メールでやり取りもしたのはいい思い出です。

この頃から、指導員のNはSさんに提案をしていました。

高校生になったらトリプル・エースでアルバイトしよう

親御さんのご理解もあり、高校1年生になってから月1回、1時間アルバイトをしていただくことになりました。最初は、挨拶仕方、上司への言葉使いや、仕事とは、なんで仕事をするのか、など仕事をする上で大切なルールを学んで頂きました。

しごと(JOB)って何?
はたらく(WORKING)って何?
しごとをするとそのたいか(対価)を得ることができる
しごとをすることってすごい(偉い)こと?
しごとをすることってほかの人にじまん(自慢)すること?

その中で、アルバイトすることは決してえらいことではなく、生きていく上で当たり前のことだというを伝え、Sさんも理解し、仕事に取り組む土台を作りました。

初任給

4月に働いた分のアルバイト代は、5月25日に振り込まれます。その最初の給与を使って、普段から大変お世話になっている、ご両親とお姉さんにサプライズプレゼントを準備しました。

アルバイトを抜け出し、その日一緒に来てくれたすーさんと共に、まずは花屋さんへ、そこでお母さんに花束を購入、その後100円ショップに移動し、お父さんにはベルト、お姉さんには携帯用ストラップを購入しました。

自分が高校生の時にはできなかったことを、Sさんにはやってもらいました。

お仕事の中身

世の中で困っていること、困っている人のためにアイディアを出し、その商品を開発するということを一緒に考えることを行っておりました。

アイディアを具現化(ぐげんか)

・ストレッチができるやすくするもの
・子供たちが歩きやすい歩行器
・姿勢悪い人グッツ
・トイレ補助
・スポーツの車いす(もっと作りたい)学校に少ない
・手が動かない人がいっぱいいる、手が動きにくい
・車いすを動かくため、親指まめができている(当たっていた、たこ)
・かかとが浮く、つかない、手術したがまたつかなくなった、10分-20分つけて柔らかくする


ビジョンとドリーム Vision and Dream

すべての人に夢を与える

年配の人を助ける

新たなメンバーの参加

商品開発をしていく上で、プロフェッショナルを仲間に入れました。
作業療法士(OT)の資格をもった、健太さんです。彼は、通所介護予防施設プレミア・ケア芦花公園店の施設長でもあります。
http://www.premier-care.jp

彼が参加してくれたおかげで、車いすに装備する用具の開発へと進んでいきます。

アルバイトの中身が、商品のイメージから、商品名を考えるというものにシフトしていきます。
10個の商品名を考えるだけでも大変で、なかなかいいものがでませんでした。現在は、その頃の苦労は感じることはないですが、当時は本当に苦労していました。

新たな提案 就職活動 高校2年生春

JR東日本グループの合同就職説明会があったので、二人で参加しました。
当日は、尋常でない雨と風の中、参加したのはいいですが、高校生は会場に入ることができないものでした。二人びしょびしょになりながら、到着した会場前で茫然、ただ、そのまま帰るわけにはいかないので、担当者を捕まえて質問させてもらいました。

担当者さんも、二人の姿を見かねたのか、丁寧に対応して頂きました。
そんな中、何が必要なスキルでしょうか?というとこれからはタッチパネルで端末を操作できることが必要ですとのことでした。会社においては、ほとんどの端末がその仕組みになっているそうです。

空振りだったと思えた、就職活動ではあったものの、また一つ成長した出来事だったと思います。

ロンドンパラリンピック選手の職場訪問

セミナーで講師として上がっていた方が、ボッチャ競技のロンドンパラの選手、
早速検索し、相手に連絡を取り、Sさんと職場訪問と、当時の体験談を聞きに行く機会をもらいました。

http://www.lifestep.jp/articles/20

新たなバディ参加

2016年7月より、強力なバディが参加してくれました。
デザイナーのつっきーさんです。

http://www.lifestep.jp/articles/28

短期体験学習 in USAへの参加 高校2年生夏

エンタメ療育のプログラム、PCSでは2015年の夏休みから親子参加型の短期体験学習inUSAを企画運営しております。2015年はコロラド州へ、2016年はカリフォルニア州へ行くことに決定しておりました。

参加の話をSさんにしたところ、行ってみたいとのことでした。
早速、ご両親に相談し、その結果、単身でアメリカに行くことに決定しました。

準備には、まずパスポートの取得が必要です。
二人で、新宿のパスポートセンターに行き、パスポートの申請をしました。その時に、写真撮影を現地で行ったのですが、たくさんの方が撮影待ちをしており、かなりの時間を待たされた覚えがあります。

いざアメリカへ

当日、台風がきていて軒並み欠航となっている中、運がいいことに我々の便は、大変遅れたのものの飛び立つことができました。

現地で、掲示板を除いていたのをNHKのニュースクルーに撮影され、全国に流れたようです。
複数の方から、連絡を頂きました。映像に映っていたぞって、

ここから新たなバディ(仲間)が加わる、
今回、アルバイトの上司健太さんのほかにプレミア・ケア・ジュニア(PCJ)阿佐ヶ谷店の指導員たくとさんが加わりました。

ベットは一緒

現地に無事着き、リラックスしたのち、時差ボケがでてきたため、みんな早目の就寝しました。

合宿のような雑魚寝、Sさんとたくとさんは一緒のベットで寝ることになりましたが、Sさんは寝相が悪いのか、何度もたくとさんの足を蹴っていたようです。

ただ、楽しい1週間が始まりました。

http://www.lifestep.jp/articles/30

滞在中、買い物、野球観戦(前田健太投手登板)、ハイキング、サンセット見に行ったり、大学訪問など様々ことにチャレンジしました。
中でもヒップホップ界のレジェンドDr.Dreと偶然会うことができ、記念写真を撮らせてもらえる奇跡もありました。

奇跡の出会い

Dr.Dre From Wikipedia

Offical Home page Dr.Dre

プール療育 

渡米中、リラックスの時間として、プールに入りました。
その中で、Nが考案したトレーニングが行っているのを現地スタッフが見て、教えてくれました。
※Nはもともとサッカー選手(1994年全米大学選手権NAIA優勝ほか)で、体が大きくないので怪我も耐えませんでした、その中で行ってきた怪我をしないからだづくり、怪我をしてからのリハビリなどの自分で実際に経験したので独自トレーニングを生み出せております。

君たちのトレーニングを半年続けたら、足の筋肉がついて歩けるようになるよって、教えてくれました。

これがのちのアディショナルトレーニング(AT)の始まりになります。

日本に帰ってきてからも続けること、5か月目、その様子が毎回ご覧に頂けます。
一番の最新は、下記の通りになっております。
http://www.lifestep.jp/articles/81

1年と半年かけて、夢の商品開発

時間をかけて取り組んできた結果がでました。

デザインを商品にプリントし、商品として日本中、いや世界中に販売を開始しました。

http://www.lifestep.jp/articles/51

まだ手に入れていない方は是非、ご購入頂ければ幸いです。

完成後の記念写真

贈呈式

次へのステージ

着々と次へのステージを進行中です。

我々のビジョンは、すべての人に夢を与える

この記事のライター

関連する投稿


プール療育 50回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

プール療育 50回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

2016年8月に渡米した時に行った、プールでのトレーニングを現地スタッフが見ていて、声をかけてくれたのがきっかけです。君たちのトレーニングを6か月続ければ歩けるようになる、その話を信じトレーニングを行っています。一年経った今では、10m、183歩、歩行時間5分以上まで歩けるようになっています。継続は力なりです。


靴ひも結び(児童)

靴ひも結び(児童)

プレミア・ケア・ジュニア(PCJ)は、楽しんで通所を続けていけるエンタメ療育を行っております。場所見知り、人見知りがあるお子様も、同じスタッフがレッスンしていくことで、徐々に変化が見られます。指導に正解はないと言われているのは、それぞれのお子様に個性があるからだと思います。その個性を見つけ、指導しています。


プール療育 49回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

プール療育 49回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

2016年8月に渡米した時に行った、プールでのトレーニングを現地スタッフが見ていて、声をかけてくれたのがきっかけです。君たちのトレーニングを6か月続ければ歩けるようになる、その話を信じトレーニングを行っています。一年経った今では、10m、183歩、歩行時間5分以上まで歩けるようになっています。継続は力なりです。


プール療育 47回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

プール療育 47回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

2016年8月に渡米した時に行った、プールでのトレーニングを現地スタッフが見ていて、声をかけてくれたのがきっかけです。君たちのトレーニングを6か月続ければ歩けるようになる、その話を信じトレーニングを行っています。一年経った今では100歩まで歩けるようになっています。継続は力なりです。


プール療育 46回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

プール療育 46回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

2016年8月に渡米した時に行った、プールでのトレーニングを現地スタッフが見ていて、声をかけてくれたのがきっかけです。君たちのトレーニングを6か月続ければ歩けるようになる、その話を信じトレーニングを行っています。一年経った今では100歩まで歩けるようになっています。継続は力なりです。


最新の投稿


  ライフチャレンジ(LC) 2018年3月

ライフチャレンジ(LC) 2018年3月

エンタメ療育では、楽しんで続けていける環境を作り出すことを大切にしております。いくら親御さんがやらせたいといっても、お子さまが気持ちが乗らなければだめです。我々、スタッフはバディ(Buddy)仲間として、一緒になってお子様の成長をサポートさせて頂いております。ライフチャレンジとは、外出レクリエーションになっております。


ジョブチャレンジ(就労体験)プログラム 2018年2月

ジョブチャレンジ(就労体験)プログラム 2018年2月

ジョブチャレンジとは、実際の職場にて、お仕事をして頂きます。 働く上で、必要なスキル(挨拶、パソコンスキルなど)を指導してまいります。 1.自分で職場に行く力を養う 2.挨拶をしっかり行う 3.必要なスキルを身につける 4.何ができるかを見つける 毎月1回からはじめるといいと思います。やればやるだけ力が付きます。


Sさんと行く皆の卒業旅行 2018年2月18日(日)予定

Sさんと行く皆の卒業旅行 2018年2月18日(日)予定

2017年8月に1週間、短期体験学習in USAを行いました。総勢11名で行ったときに参加してくれたしゅうさんは、この3月で高校卒業します。そこでロスアンジェルスに一緒に行ったメンバーで卒業旅行に行こうという計画を立てています。この旅行は、たくとさん、けんたさん、Nにとっても卒業となります。


プール療育 50回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

プール療育 50回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

2016年8月に渡米した時に行った、プールでのトレーニングを現地スタッフが見ていて、声をかけてくれたのがきっかけです。君たちのトレーニングを6か月続ければ歩けるようになる、その話を信じトレーニングを行っています。一年経った今では、10m、183歩、歩行時間5分以上まで歩けるようになっています。継続は力なりです。


ライフチャレンジ(LC) 2018年2月

ライフチャレンジ(LC) 2018年2月

エンタメ療育では、楽しんで続けていける環境を作り出すことを大切にしております。いくら親御さんがやらせたいといっても、お子さまが気持ちが乗らなければだめです。我々、スタッフはバディ(Buddy)仲間として、一緒になってお子様の成長をサポートさせて頂いております。ライフチャレンジとは、外出レクリエーションになっております。