記事総数:26  総PV数:10089

公開中の記事


障害を乗り越えた人たち(後編の2)──河﨑貴一

障害を乗り越えた人たち(後編の2)──河﨑貴一

障害には、乗り越えられない障害と、医療や本人の努力などによって克服が可能な障害がある。


障害を乗り越えた人たち(後編の1)──河﨑貴一

障害を乗り越えた人たち(後編の1)──河﨑貴一

障害には、乗り越えられない障害と、医療や本人の努力などによって克服が可能な障害がある。


障害を乗り越えた人たち(前編の2)──河﨑貴一

障害を乗り越えた人たち(前編の2)──河﨑貴一

私は『障害』という言葉が嫌いです。この言葉には、病状が固定して治らないという意味を感じてしまうからです。『治らない』と言われている病気や後遺症があっても、『治るものだ』という希望が持てれば、勇気とやる気が湧いてきます。


障害を乗り越えた人たち(前編の1)──河﨑貴一

障害を乗り越えた人たち(前編の1)──河﨑貴一

私は『障害』という言葉が嫌いです。この言葉には、病状が固定して治らないという意味を感じてしまうからです。『治らない』と言われている病気や後遺症があっても、『治るものだ』という希望が持てれば、勇気とやる気が湧いてきます。


めまいを誤解されていじめや仲間外れに(3)──河﨑貴一

めまいを誤解されていじめや仲間外れに(3)──河﨑貴一

“他人の痛みは100年でもガマンできる”というが、病気やケガ、こころの傷などのつらさは本人しかわからない。  まして、外見が健康そうに見える人は、周囲から「仮病」や「なまけ者」などとあらぬ疑いや勘違いをされる場合がある。それは、病気やけがの痛みよりもつらいことだろう。


めまいを誤解されていじめや仲間外れに(2)──河﨑貴一

めまいを誤解されていじめや仲間外れに(2)──河﨑貴一

“他人の痛みは100年でもガマンできる”というが、病気やケガ、こころの傷などのつらさは本人しかわからない。  まして、外見が健康そうに見える人は、周囲から「仮病」や「なまけ者」などとあらぬ疑いや勘違いをされる場合がある。それは、病気やけがの痛みよりもつらいことだろう。


めまいを誤解されていじめや仲間外れに(1)──河﨑貴一

めまいを誤解されていじめや仲間外れに(1)──河﨑貴一

“他人の痛みは100年でもガマンできる”というが、病気やケガ、こころの傷などのつらさは本人しかわからない。まして、外見が健康そうに見える人は、周囲から「仮病」や「なまけ者」などとあらぬ疑いや勘違いをされる場合がある。それは、病気やけがの痛みよりもつらいことだろう。


ことばの重みと力――(3) 河﨑貴一

ことばの重みと力――(3) 河﨑貴一

 ことばの重みについては、仕事がら、考え続けてきた。よかれと思って発したことばでも、ことばを受け取る側によっては、意味あいが変わってくる場合がある。


ことばの重みと力――(2) 河﨑貴一

ことばの重みと力――(2) 河﨑貴一

 ことばの重みについては、仕事がら、考え続けてきた。よかれと思って発したことばでも、ことばを受け取る側によっては、意味あいが変わってくる場合がある。


ことばの重みと力――(1) 河﨑貴一

ことばの重みと力――(1) 河﨑貴一

 ことばの重みについては、仕事がら、考え続けてきた。よかれと思って発したことばでも、ことばを受け取る側によっては、意味あいが変わってくる場合がある。


不登校の子どもを「教育機会確保法」で救えるか         河﨑貴一

不登校の子どもを「教育機会確保法」で救えるか  河﨑貴一

教育機会確保法(義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律)が、2017年2月、施行された。この法律は、不登校(登校拒否)の児童・生徒に、教育の機会を与えるために設けられた。対象は、法律の正式名称にもあるように、小中学生の義務教育過程に在籍する子どもたちである。


不登校は悪いことか?(2) 河﨑貴一

不登校は悪いことか?(2) 河﨑貴一

不登校や引きこもりには、いろいろなきっかけや原因がある。いじめや悪意、誤解、けんか、からだやこころの病気、家庭問題……。多くは、人間関係が災いする。


不登校は悪いことか?(1) 河﨑貴一

不登校は悪いことか?(1) 河﨑貴一

不登校や引きこもりには、いろいろなきっかけや原因がある。いじめや悪意、誤解、けんか、からだやこころの病気、家庭問題……。多くは、人間関係が災いする。


「高齢者にやさしい街は、障害者にもやさしい ――健康長寿のために」 河﨑貴一(3)

「高齢者にやさしい街は、障害者にもやさしい ――健康長寿のために」 河﨑貴一(3)

 2016年4月、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(略称は、障害者差別解消法)」が施行されました。  この法律では、「不当な差別的取扱い」を禁止し、「合理的配慮の提供」を求め、そのことによって、障害のある人もない人も共に暮らせる社会を目指しています。


「高齢者にやさしい街は、障害者にもやさしい ――健康長寿のために」 河﨑貴一(2)

「高齢者にやさしい街は、障害者にもやさしい ――健康長寿のために」 河﨑貴一(2)

 2016年4月、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(略称は、障害者差別解消法)」が施行されました。  この法律では、「不当な差別的取扱い」を禁止し、「合理的配慮の提供」を求め、そのことによって、障害のある人もない人も共に暮らせる社会を目指しています。


「高齢者にやさしい街は、障害者にもやさしい ――健康長寿のために」 河﨑貴一(1)

「高齢者にやさしい街は、障害者にもやさしい ――健康長寿のために」 河﨑貴一(1)

 2016年4月、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(略称は、障害者差別解消法)」が施行されました。  この法律では、「不当な差別的取扱い」を禁止し、「合理的配慮の提供」を求め、そのことによって、障害のある人もない人も共に暮らせる社会を目指しています。


いのちの応援団長――クラウンK=大棟耕介(2) 河﨑貴一

いのちの応援団長――クラウンK=大棟耕介(2) 河﨑貴一

クラウンKこと大棟耕介さんは、小児科病院を訪問する活動を行う「NPO法人 日本ホスピタル・クラウン」協会の理事長である。「ホスピタル・クラウン」とは、病院や病気にかかっている人を勇気づける、“いのちの応援団長”のことだ。この活動は、2004年から続けている。


いのちの応援団長――クラウンK=大棟耕介(1)   河﨑貴一

いのちの応援団長――クラウンK=大棟耕介(1) 河﨑貴一

クラウンKこと大棟耕介さんは、小児科病院を訪問する活動を行う「NPO法人日本ホスピタル・クラウン」協会の理事長である。「ホスピタル・クラウン」とは、病院や病気にかかっている人を勇気づける、“いのちの応援団長”のことだ。 この活動は、2004年から続けている。


障害でもいいじゃん(2)    河﨑貴一

障害でもいいじゃん(2)    河﨑貴一

 自称「日本一わがままな障害者」こと、春山満氏。進行性キンジストロフィー症を発症しながら、みずからの体験とアイデアで福祉機器の販売を中心とする総合ヘルスケア業を設立し、年商50億円の企業に押し上げたパワフル創業者である。


障害でもいいじゃん(1)                                 河﨑貴一

障害でもいいじゃん(1)     河﨑貴一

 自称「日本一わがままな障害者」こと、春山満氏。進行性キンジストロフィー症を発症しながら、みずからの体験とアイデアで福祉機器の販売を中心とする総合ヘルスケア業を設立し、年商50億円の企業に押し上げたパワフル創業者である。